スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回 潤墨会水墨画展

jun.jpgako.jpg

第四回 潤墨会水墨画展
「第四回潤墨会展」 無事に終了しました。
観に来ていただいた、大勢の方、ありがとうございました!!

最終日におこなった「水墨画 と 詩の朗読 と 
音楽のコラボレーション」六月の詩

とっても楽しいものになりました。
今回は、潤墨会展の会場をお借りしての公演でした。
心のこもった一点一点の作品に囲まれての本当に良い機会をいただけてありがたかったです。

六月なので、雨がテーマでした。そして、会期中、最終日だけ雨が降りました。

会場を飾るいろんな季節の花の絵、風景画、そんな水墨画展の会場でも雨が降りました。
雨、雨、雨、恵みの雨、暮らしを叩く雨、そして虹。
ラストは亜子ちゃんの「雨にも負けず」 宮澤賢治の詩の朗読。

亜子ちゃんの詩の朗読と、染井さんの曲が聞こえないのが残念です。
写真では本当にもったいないのですが、様子が少しでもわかればと思います。
ありがとうございました。

岡田 潤
-------------------------------------
水墨画と詩の朗読と音楽のコラボレーション(6月の詩)に寄せて

今回初の試み!

小学校の教科書に載っている雨の詩など真山亜子が語り、
染井美乃さんに音楽をつけてもらい、
それを聞きながら、岡田潤がライブで水墨画を描くというコラボレーション。

ちまたでもやられているようですが、岡田潤が真山亜子の語りを聞きながら描く水墨画!
早い、可愛い、時に激しく、アイデアいっぱい!

ちょっと再現しますと、
途中ナメクジさんが出てくる話では、潤ちゃんが突然和紙を切り始め、
何が始まるのかと思ったら、切った紙にさらさらと何やら描き、
棒をつけてナメクジさんが出来上がり、絵の上をはって行ったのでした。

そして、虹が出る詩では幅広い筆を紙にさっとひとなですると、七色の虹が!

お客様も大拍手。

まだまだいろいろ仕掛けがありました。
(あ~説明しきれないので次回やる時は、来て見てねーでございます。)

一座を見てる方は納得のパフォーマンス。
音楽も面白い音や素敵な曲をつけてもらい、いや~コラボでしたよ。
既成概念の水墨画を飛び越えて、お客様も目からうろこで楽しんでいただけました。

会場は岡田潤ちゃんが主宰する水墨画教室、潤墨会の展覧会場。
日本橋の和紙の老舗、小津和紙さんの小津ギャラリー。
みなさんの描かれた水墨画に囲まれて雰囲気バッチリ。

最後は宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ」
潤ちゃんの描いた宮澤賢治の肖像画を置いて、横で語りました。
素晴らしい作品で賢治にじっと見つめられているようでした。

30分の短いステージでしたが、とても印象深く心に残るものとなりました。
また、たくさんの方に見ていただけるよう頑張ります。

最後になりましたが、多大なるご協力くださった潤墨会の皆様、
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

真山亜子

620a.jpg
雨はみんなと仲良しで

620b.jpg
花と一緒に花のうた

620c.jpg
虹に!!

620d.jpg
オリジナルの曲で

620e.jpg
雨にも負けず

620f.jpg
亜子・優子(司会をしていただきました。潤墨会会員)潤・美乃

620g.jpg
大勢の方に見ていただけました

620h.jpg
いくちゃんが

620i.jpg
てるてる坊主つくったの

620j.jpg
なめくじさんも
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。